カリキュラムから選び方まで!美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説

当サイトではカリキュラムから選び方まで、美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説しています。
将来は手に職を付けて人を美しくする仕事がしたいと考える人におすすめです。
またこのサイトでは、自分に合った学校を選ぶにはどうすれば良いのかも解説しています。
大切な将来の進路を左右する学校の選択をする前には、チェックしておくと良いでしょう。
さらに卒業生の進路はヘアサロンのみなのか、という気になる質問にもお答えしています。

カリキュラムから選び方まで!美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説

美容の専門学校ではどのようなことをするのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
カリキュラムはそれぞれの学校によって異なりますが、美容師資格の取得が目指せる学校では規定の時間、資格取得に対応した内容の授業となります。
美容の専門学校を選ぶときには、自分が学びたい内容に対応しているかが大切です。
メイクアップアーティストや美容師など、将来の目標を定めてそれぞれのジャンルに強みのある学校を選ぶのがおすすめです。

美容の専門学校に入學するために必要なこととは

美容の専門学校に入學するために必要なことは、美容に対する情熱と学校に支払う授業料と健康が重要です。
奨学金が使えるところもありますが、基本的には入学金や授業料は準備しておく必要があります。
また、やる気がなくては続きませんし資格を取得するなら勉強や実技のレッスンも重要です。
美容の専門学校に入るのに合った方が良いのは、健康も大切になります。
健康でなければ通い続けるのは難しいですし、やる気をもって毎日通うことが必要になってきます。
高い授業料や入学金を支払って通うのですから、しっかりと学んでその後の進路に役立てるようにしましょう。
入学資格さえ満たしていれば、誰でも入ることはできますし資格を取るのもそれほど難しくはありません。
美容師の資格を取りたいなら、学校に入って学習するのは有効な方法です。
やる気がなくては通い続けるのは難しくなりますので、自分は本当に続けられるのかを考えて願書をだすようにしましょう。

美容の専門学校の面接では何を聞かれる?

美容の専門学校における入学試験には面接が必ずといっていいほど設けられており、ここでは学校を途中で辞めたりしないか、美容のプロフェッショナル人材として活躍する動機がしっかりしているかが確認されるのが基本です。
そのため、その学校を志望する理由や美容業界を選んだ動機についてはほぼ確実に問われます。
志望動機が弱いのは致命的ですから、業界や学校を選んだきっかけとなるエピソードをしっかり準備し、意欲や熱意を伝えることが重要になるでしょう。
加えて、長所や短所、高校での学生生活、最近感動したことなど尋ねられることも多いです。
これらの質問を通じて、学校側は「この人はうちの学校に合っているようだ」というようにマッチングをして、その結果で合否を判断します。
また、美容業界はお客様に対するサービス業であり、見た目や明るく丁寧な対応ができるかどうかもポイントです。
服装や身だしなみ、正しい敬語が使われているかどうかなども細かいチェックが行われます。

美容の専門学校はどんなカリキュラムがある?

美容の専門学校では就学期間である2年のうちに、プロの美容師として活躍するために必要となる基本的な技能に加えて、国家資格で合格するために必要な技術を同時に学べるカリキュラム構成となっています。
1年次には美容師国家試験の内容となるカットとワインディング、オールウェーブと筆記試験を勉強します。
さらに美容業界で幅広く活躍できるようにヘアメイクやエステ、着付けやビューティーベーシック、ネイリストやパーソナルカラーといった技術と知識を共通で習得することが可能です。
2年次になると、基本的な技術や知識を身に付けた上で、自分の進みたい道にあわせたカリキュラムが組める学校が増えています。
着付けや着付け、ヘアメイクやアシスタントワーク、サロンワークなど仕事に就いた後に役立つ知識が習得できることや、さらにブライダル関係の仕事で役立つブライダル基礎知識や、インナービューティーやケミカルなど幅広く学べるミューティーエデュケーションなども身に付けることが魅力です。

美容の専門学校の学費はどのくらい?

美容専門学校の学費は、全体の資格の学校と比較してわりと高め、トータルで200万~300万円程度が目安とされています。
初年度は150万円程度で、国家試験のカリキュラムに含まれている実習も多くなるからです。
昼間課程の2年制コースや夜間課程の2年制コースのほか、通信課程の3年生など、主に3種類の形態があり、自分がどのタイプの学校に受講するかによっても金額が異なります。
昼間課程を選択した場合は平均して200万~300万円で夜間や通信と比較すると高額ですが、対面形式での指導や実習の場が充実しています。
夜間の場合は十数万円~100万円と比較的リーズナブルな費用で、時間が短いこともあり、授業内容は国家試験対策中心になることが多いです。
通信課程の平均額は60万円~70万円程度で通学よりもかなりリーズナブルで基本的には自宅での学習で、定期的に対面形式での授業へ参加する形となります。
美容師になるためには、美容専門学校で必要な課程を修了するだけでなくて、美容師の国家試験に合格して国家資格を取得する必要があるので、自分が学費含めて、どの形態の学校が合うのかを考慮してから受講することをおすすめします。

美容専門学校に関する情報サイト
美容専門学校のすすめ

当サイトではカリキュラムから選び方まで、美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説しています。将来は手に職を付けて人を美しくする仕事がしたいと考える人におすすめです。またこのサイトでは、自分に合った学校を選ぶにはどうすれば良いのかも解説しています。大切な将来の進路を左右する学校の選択をする前には、チェックしておくと良いでしょう。さらに卒業生の進路はヘアサロンのみなのか、という気になる質問にもお答えしています。

Search