カリキュラムから選び方まで!美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説

当サイトではカリキュラムから選び方まで、美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説しています。
将来は手に職を付けて人を美しくする仕事がしたいと考える人におすすめです。
またこのサイトでは、自分に合った学校を選ぶにはどうすれば良いのかも解説しています。
大切な将来の進路を左右する学校の選択をする前には、チェックしておくと良いでしょう。
さらに卒業生の進路はヘアサロンのみなのか、という気になる質問にもお答えしています。

カリキュラムから選び方まで!美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説

美容の専門学校ではどのようなことをするのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
カリキュラムはそれぞれの学校によって異なりますが、美容師資格の取得が目指せる学校では規定の時間、資格取得に対応した内容の授業となります。
美容の専門学校を選ぶときには、自分が学びたい内容に対応しているかが大切です。
メイクアップアーティストや美容師など、将来の目標を定めてそれぞれのジャンルに強みのある学校を選ぶのがおすすめです。

美容の専門学校に入學するために必要なこととは

美容の専門学校に入學するために必要なことは、美容に対する情熱と学校に支払う授業料と健康が重要です。
奨学金が使えるところもありますが、基本的には入学金や授業料は準備しておく必要があります。
また、やる気がなくては続きませんし資格を取得するなら勉強や実技のレッスンも重要です。
美容の専門学校に入るのに合った方が良いのは、健康も大切になります。
健康でなければ通い続けるのは難しいですし、やる気をもって毎日通うことが必要になってきます。
高い授業料や入学金を支払って通うのですから、しっかりと学んでその後の進路に役立てるようにしましょう。
入学資格さえ満たしていれば、誰でも入ることはできますし資格を取るのもそれほど難しくはありません。
美容師の資格を取りたいなら、学校に入って学習するのは有効な方法です。
やる気がなくては通い続けるのは難しくなりますので、自分は本当に続けられるのかを考えて願書をだすようにしましょう。

美容の専門学校の面接では何を聞かれる?

美容の専門学校における入学試験には面接が必ずといっていいほど設けられており、ここでは学校を途中で辞めたりしないか、美容のプロフェッショナル人材として活躍する動機がしっかりしているかが確認されるのが基本です。
そのため、その学校を志望する理由や美容業界を選んだ動機についてはほぼ確実に問われます。
志望動機が弱いのは致命的ですから、業界や学校を選んだきっかけとなるエピソードをしっかり準備し、意欲や熱意を伝えることが重要になるでしょう。
加えて、長所や短所、高校での学生生活、最近感動したことなど尋ねられることも多いです。
これらの質問を通じて、学校側は「この人はうちの学校に合っているようだ」というようにマッチングをして、その結果で合否を判断します。
また、美容業界はお客様に対するサービス業であり、見た目や明るく丁寧な対応ができるかどうかもポイントです。
服装や身だしなみ、正しい敬語が使われているかどうかなども細かいチェックが行われます。

美容の専門学校はどんなカリキュラムがある?

美容の専門学校では就学期間である2年のうちに、プロの美容師として活躍するために必要となる基本的な技能に加えて、国家資格で合格するために必要な技術を同時に学べるカリキュラム構成となっています。
1年次には美容師国家試験の内容となるカットとワインディング、オールウェーブと筆記試験を勉強します。
さらに美容業界で幅広く活躍できるようにヘアメイクやエステ、着付けやビューティーベーシック、ネイリストやパーソナルカラーといった技術と知識を共通で習得することが可能です。
2年次になると、基本的な技術や知識を身に付けた上で、自分の進みたい道にあわせたカリキュラムが組める学校が増えています。
着付けや着付け、ヘアメイクやアシスタントワーク、サロンワークなど仕事に就いた後に役立つ知識が習得できることや、さらにブライダル関係の仕事で役立つブライダル基礎知識や、インナービューティーやケミカルなど幅広く学べるミューティーエデュケーションなども身に付けることが魅力です。

美容の専門学校の学費はどのくらい?

美容専門学校の学費は、全体の資格の学校と比較してわりと高め、トータルで200万~300万円程度が目安とされています。
初年度は150万円程度で、国家試験のカリキュラムに含まれている実習も多くなるからです。
昼間課程の2年制コースや夜間課程の2年制コースのほか、通信課程の3年生など、主に3種類の形態があり、自分がどのタイプの学校に受講するかによっても金額が異なります。
昼間課程を選択した場合は平均して200万~300万円で夜間や通信と比較すると高額ですが、対面形式での指導や実習の場が充実しています。
夜間の場合は十数万円~100万円と比較的リーズナブルな費用で、時間が短いこともあり、授業内容は国家試験対策中心になることが多いです。
通信課程の平均額は60万円~70万円程度で通学よりもかなりリーズナブルで基本的には自宅での学習で、定期的に対面形式での授業へ参加する形となります。
美容師になるためには、美容専門学校で必要な課程を修了するだけでなくて、美容師の国家試験に合格して国家資格を取得する必要があるので、自分が学費含めて、どの形態の学校が合うのかを考慮してから受講することをおすすめします。

美容の専門学校の就職率はどのくらい?

美容の専門学校は就職率が非常に高く、100%に達している学校も決して少なくはありません。ほとんどの学校は90%台後半です。中でも実績のある伝統校は実力のある生徒を業界にたくさん送り込んでおり、求人数も非常に多い傾向が見られます。美容専門学校の講師や卒業生が業界との強いパイプを構築し、それが求人につながることも多いからです。就職指導専門のスタッフもいますから、1人1人にあった就職先の紹介、筆記試験や面接などの採用選考対策などもきめの細かいサポートが行われます。つまり、実力校に進学して就職を希望し、なおかつ卒業資格を得れば、高い確率で就職することができます。一方で、美容業界は小規模のサロンが非常に多く、突然の出来事で職場を失ってしまう可能性もあります。こうした事情もあって一部の学校では卒業生の転職、あるいは独立開業を支援する取り組みを行っています。長い目で見ると、こうした支援制度を実施する学校を選ぶことはたいへん有意義です。女性の場合、出産でやむを得ず離職しなければならないことも考えられます。その後、再就職に挑戦したくなった場合にも支援が受けられます。

美容の専門学校にはデメリットはある?

美容の専門学校はメリットが豊富なイメージですが、一方ではどのようなデメリットがあるのか気になるところではないでしょうか。これは特定の分野に限られませんが、専門学校の生活は毎日それに打ち込む日々となるので、忙しくて他のことが手につかなくなります。加えて途中で自分に合っていないと思っても進路を変更するのが難しく、一度卒業すれば美容の道を進む必要が出てきます。潰しが利きにくいともいえるので、挑戦を考えるなら覚悟を決めて本気で臨む必要がありそうです。一般的な大学と比べると、美容の道に挑戦を決めた人達ばかりが集まることから、同年代同士で一緒に遊ぶのは難しいです。みな自分の課題に挑戦したり技術を磨くのに忙しいですし、そもそもカリキュラムがタイトなので、一泊二日の旅すらハードルが高いです。デメリットはこのように色々とありますが、やはり在学中は時間に余裕がないこともあり、美容に関する知識が深まる一方で、それ以外の知識に疎くなってしまうことが難点といえるのではないでしょうか。

美容の専門学校の面接ではメイクをするべきなのか

美容系の専門学校の面接ではメイクは重要なポイントです。学生らしいナチュラルな化粧を意識するようにしましょう。美容系の専門学校は美容業界で活躍する人材を育てる場です。基本的に接客業となる業界なので、身だしなみを整えて訪れる利用者に良い印象を持ってもらうことが求められます。どのような人に接客されたいと考えた時に、清潔感がある人を思い浮かべる方は多いでしょう。必ずしもメイクの技術があるからと言って、派手な化粧をする必要なありません。面接の場でも同様です。面接で重要なのは身だしなみとマナーができているかという点です。そして、自分自身を面接官に知ってもらうことも求められます。血色が良く、明るく見える化粧を心がけるようにしましょう。アイラインは太すぎないようにし、アイシャドウも濃すぎないように注意します。マスカラも控えめにして、自然な印象を与えられるように意識し、そのままの自分をアピールできるようにするのがポイントです。

美容の専門学校は昼間と夜間のどちらの課程を選ぶべきか

美容の専門学校は、昼間と夜間の二つの課程があり、自分の都合に応じて選択することができます。どちらも、所定の課程を修了すれば美容師の資格が得られることは同じですし、昼間課程と夜間課程とで何か資格自体に差が生じるといったことはありません。昼間部は、基本的には一般的な専門学校や大学などと似たような時間割であり、平日の朝から昼下がりあたりまでが授業や実習の時間となります。一方で夜間とは、主として日中の時間帯には仕事を持っているけれども、それだけではなく将来の自分の人生を考えて資格取得を目指したいという人のためのコースです。従って仕事が終わる夕方6時くらいから開講し、夜の10時か11時くらいまで授業や実習が行われることになります。夜間のほうが1日あたりの時間は少なくなってしまいますので、所定のカリキュラムをこなすために時には土日にも時間割が組まれることがあります。このような違いがありますので、自分に応じたほうを選ぶべきでしょう。

美容の専門学校の長期休暇はどのくらい?

美容師の専門学校では、大学と同じように2か月ぐらいの長期の夏休みがあります。それ以外にも1ヶ月半の冬休みもあり、休みの期間に大学生のように遊び歩くのではなく、基礎で学んだ苦手分野の克服や10月以降に行われるイタリアやフランスなどへの美容技術を学ぶ短期留学のために語学力強化に当てられます。1年次と2年次共に、夏休みや冬休みの長期休暇明けに、留学しなくても必ず前期の終了テストが行われるので、余程自信のある生徒以外は夏休みや冬休み中に専門学校に通って、苦手分野の補習授業や自習を行うのが通例です。通信教育の学校の場合は、通常時に働いている人が自宅で学習しているので、夏休みの期間になると自宅で通信学習では学べない実技の訓練を行います。ヘアマネキンを使って、カットやパーマなどの基本的な施術の仕方を学んだり、通信教育では出来ないマナー教育などを行います。休みの終わりには、テストを行って休み明けには通常の通信学習プログラムの戻ります。

美容専門学校に関する情報サイト
美容専門学校のすすめ

当サイトではカリキュラムから選び方まで、美容の専門学校のよくある疑問をまとめて解説しています。将来は手に職を付けて人を美しくする仕事がしたいと考える人におすすめです。またこのサイトでは、自分に合った学校を選ぶにはどうすれば良いのかも解説しています。大切な将来の進路を左右する学校の選択をする前には、チェックしておくと良いでしょう。さらに卒業生の進路はヘアサロンのみなのか、という気になる質問にもお答えしています。

Search